CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
記事一覧
カテゴリー
ARCHIVES
水彩ブログ

MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

水彩画くどうさとし
Watercolor by Satoshi Kudo

透明水彩画家
【日本透明水彩会】[JWS]会員
水彩教室のご案内は カテゴリー>■水彩教室 にあります。

■水彩教室

<< 真夏日の影(マスキング) | main | 千日紅 ( globe-amaranth ) >>
チャット(Chat)
0

    たまには人物を描く。

    Chat / Watercolor チャット / 水彩画

     

    JUGEMテーマ:水彩画

    花園教室にきている方のリクエスト。人物画。写真を持参されたので、その写真を基に描いてみました。
    スナップ写真は自然で好きですね。学生の頃、デッサンやクロッキーの授業でモデルを描きましたが、先生のつけるポーズが何だか絵のためのポーズみたいで不自然さを感じていました。学校のデッサンやクロッキーはいろんな角度の顔や手の織りなす曲面を描く練習なので、今思えばまあそういう不自然さもありだったかな。
    それに比べると、スナップ写真は構えていないというか、不自然さのないのが優れたところです。

    ボクも皆さんに、旅行に行ってスケッチする時間が取れないときはたくさん写真を撮るようにすすめています。が、こんどは、そのたくさん撮った写真の中からどれを絵にしていいのかがわからないという問題が発生。よくわからないけど手当たり次第に撮るという姿勢で臨むと、そういうことになりがちですね。旅の記録ではなく、絵の素材として「心の琴線」に触れたシーンを撮るという風にすればいいのですけど。何故そのシーンなのか、理由は考えなくて結構ですので、普段から心に感じたシーンをパッとを切り取る訓練というのをしておくと100枚に1枚くらいはいい絵がモノにできます。絵の素材としては写真としての出来はそんなに良くなくてもOKですが、もし余裕があったら絵にすることを考えていろんな角度で撮影したり、細部のアップも忘れずに撮っておきます。

    人物画の話からそれてしまいましたね。ボクは人物を描くのは希ですが、描いてみるとたまには人物もいいかと思いました。またそのうち挑戦してみましょう。

     


    Chat / Watercolor チャット / 水彩画

    Chat / Watercolor
    水彩画「チャット」
    Size:35×25cm

     

    水彩教室
    (神田、市川、新浦安、津田沼、稲毛海岸、四街道、成田、新検見川(花園))

     

    にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
    ↑いろんな水彩ブログ。
    応援よろしくお願いします。

     

     

     

    | 人物画 | 18:37 | comments(0) | - |